スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな江田氏、民主との連立は「絶対ない」(産経新聞)

 自民、公明、みんなの各党の国会議員有志が11日、都内で「郵政再国有化を阻止する議員の会」の初会合を開いた。民主、国民新両党が次期臨時国会の成立を確認した郵政民営化見直し法案の阻止が目的だが、出席者の一人がみんなの党の江田憲司幹事長に「参院選後も民主党と一緒にならないと断言して」と発言、一時騒然となった。

 江田氏は苦虫をかみつぶした表情で「民主党と連立したら党の自殺行為だ」と強く否定。「絶対しません。断言します」とまで“確約”すると、会場からは拍手が起きた。

 参院選で躍進の勢いをみせているみんなの党に対する自民、公明両党の嫉妬(しっと)とみられるが、自民党の山本一太参院議員が「谷垣禎一総裁が(参院選の目標を)40議席というのは、最初から負けを覚悟しているような話だ。みんなの党と協力して、法案をぶっつぶしましょう」と自虐を込めて発言し、丸く収まった。

【関連記事】
直嶋経産相、亀井氏辞任で「社民党さんとは違う」
みんな・渡辺氏、民主は「選挙第一」「人をだます政権」
民主・樽床委員長「終わりよければすべてよし」?
亀井金融相辞任…菅内閣わずか2日で大混乱
会期延長問題に菅首相「話し合いが何らかの形でつく」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

夢の企画再び! 「ランデヴー 日本料理名店との饗宴」(Business Media 誠)
阪神・中村2軍コーチのユニホーム盗難 ホテルに不審な男(産経新聞)
看護系37学会などが特定看護師で協議(医療介護CBニュース)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
スポンサーサイト

古墳4基がゴルフ場開発で損壊 奈良・巨勢山古墳群(産経新聞)

 奈良県御所市の国史跡「巨勢山古墳群」のうち古墳4基が、ゴルフ場の開発工事で損壊していたことが7日、市教委への取材で分かった。国史跡の開発にあたっては、事前に文化庁の許可を取得することが文化財保護法で義務づけられているが、市教委によると、開発した「秋津原ゴルフクラブ」(御所市)は許可を得ていなかったという。

 市教委によると、昨年11月1日から始まったゴルフ場開発で、巨勢山古墳群の史跡エリアのうち約5400平方メートルを工事。5~7世紀(古墳時代中期~後期)の古墳約700基のうち4基の墳丘の斜面が削り取られるなどしたという。

 市民からの通報を受けた市教委が11月26日に古墳の損壊を確認。直ちに工事の中止命令を出した。

 秋津原ゴルフクラブは今年1月、文化庁に報告書を提出し、2~5月に仮復旧工事を実施。市教委は今月中にも、土木専門家や同ゴルフクラブ関係者を交えた検討委員会を設置し、本格的な復旧案を国と県に提出する方針。

【関連記事】
だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年
奈良平城京に日本の源流を見る
墳丘は方形か多角形? 奈良・橿原市の菖蒲池古墳を初調査
キトラ壁画の保存管理場所決まる
東アジアの騎馬文化を紹介 九州国立博物館、7月から特別展
「はやぶさ」帰還へ

<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<泉南石綿訴訟>原告側も大阪高裁に控訴 国の控訴受け (毎日新聞)
<南アW杯>意外な因縁 スイス合宿地と山形・大蔵(毎日新聞)
小田急電鉄に慰謝料要求 アルバイトの男を恐喝未遂で逮捕(産経新聞)
強盗殺人未遂容疑で36歳男逮捕=コンビニで店員刺す―警視庁(時事通信)

社保事務所元職員が残業代支払い求め国を提訴 大阪地裁堺支部(産経新聞)

 社会保険庁(現・日本年金機構)の年金記録問題で残業したのに、超過勤務手当が一部しか支払われなかったとして、堺市の堺東社会保険事務所(現・堺東年金事務所)の元職員(30)が、約70万円の未払い賃金支払いを求め、大阪地裁堺支部に提訴したことが27日、分かった。

 訴状によると、男性は平成19年12月~21年3月、任期付きで同事務所に勤務。年金記録問題を受け、20年3月ごろから「ねんきん特別便」の発送準備などに追われ、残業が増えた。

 男性が手帳などに記入していた残業時間は、20年2月~21年3月で計687時間あったが、実際に支払われた超過勤務手当は計174時間分だけだった。

 厚生労働省年金局は「係争中なのでコメントできない」としている。

【関連記事】
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨
4年連続のボーナス減少 夏の支給総額は微増予想
残業代で給与総額が1年10カ月ぶり増加 3月勤労統計
カラ残業訴訟で大阪市が逆転敗訴 大阪地裁
「残業隠し」の証拠提出 東建コーポの社員ら

随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し―総務省まとめ(時事通信)
郵政改革法案 与党、衆院委で強行採決(毎日新聞)
<口蹄疫>せめて最高の餌を 処分前に「我が子への愛」「感染防止」交錯(毎日新聞)
<セクハラ>愛知県吉良町の副町長 指摘受け退職願を提出(毎日新聞)
<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)

原口総務相に是正申し入れ=ネットの児童ポルノ対策―国家公安委員長(時事通信)

 インターネット上の児童ポルノ対策として導入が予定されているブロッキングについて、中井洽国家公安委員長は20日の記者会見で、総務省の有識者研究会がまとめた見解では違法画像の拡散が防げないとして、原口一博総務相に是正するように申し入れたことを明らかにした。
 中井国家公安委員長は、拡散を防止するためには画像への接続を早期に遮断できる仕組みを構築することが必要だと指摘。研究会の見解では「(画像削除までに)日にちがかかりすぎる」と批判した。 

無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
<諫早干拓>長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解(産経新聞)

高速PAに野良猫集結「餌付け」巡り水掛け論(読売新聞)

 兵庫県淡路市の神戸淡路鳴門自動車道・室津パーキングエリア(PA)で、餌を求めて集まる野良猫が後を絶たず、管理する本四高速道路会社を悩ませている。

 上下線とも10匹前後いるとみられ、可愛(かわい)がる客がいる一方で、同社は噛(か)まれるなどのトラブルを心配。4、5年前から<餌付け>禁止の張り紙を掲げているが、効き目は薄いようだ。

 約100台の駐車スペースがある同PAには2005年12月にコンビニ店が開店したが、猫はそれ以前から出没。自動販売機で売っていたカップ麺(めん)の食べ残しなどをあさるようになり、電話ボックス内で雨宿りする猫も出始めた。当時から餌を与える客がいたといい、苦情を受けた同社は張り紙で「食べ物をあたえないでください」と求めた。

 しかし、ベンチで寝転がってくつろぐなど、見るからに“癒やし系”の猫たち。菓子を与え、写真を撮り、体を触る人もいて、「警戒心が薄れてきたようだ」と同社神戸管理センター。目障りだとの苦情はあるが、「かわいそう」「なぜ餌をやっちゃダメなの?」などの声も聞かれるという。

 「人慣れしているからと不用意に触り、噛まれたり引っかかれたりしたら……。当社敷地内とはいえ、そこまで責任を負えない」。そうした懸念から、同センターのスタッフらが時々、捕まえるふりをして猫たちを威嚇。それでも数時間で戻ってくるといい、並べて置いた水入りのペットボトルもむなしい。

 関係者によると、「餌をやらないと却(かえ)って人に噛みついたりするかも」と言う人もいたようだ。一方、ある男性客は「かわいそうなら引き取って家で飼えばええんや」。そうなれば、もはや水掛け論。“野良”になった動物と人との共生は、なかなか難しい。(石田仁史)

近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え(医療介護CBニュース)
法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。