スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便不正公判 障害者団体元会長、偽の証明書発行は無罪(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり、厚生労働省に偽の障害者団体証明書を発行させて郵便料金約3億7700万円の支払いを不正に免れたとして、虚偽有印公文書作成・同行使と郵便法違反の罪に問われた障害者団体「凛(りん)の会」元会長、倉沢邦夫被告(74)の判決公判が27日、大阪地裁であった。横田信之裁判長は、虚偽公文書作成・同行使罪は無罪とした上で、罰金500万円(求刑懲役1年6月、罰金540万円)を言い渡した。

 横田裁判長は、厚労省元局長、村木厚子被告(54)の公判も担当している。偽の証明書発行をめぐって倉沢被告に無罪が言い渡されたことで、検察側の描く構図が崩れた格好。全面無罪を主張する村木被告の公判にも大きな影響を与えそうだ。

 倉沢被告は、平成16年6月、当時厚労省企画課長だった村木被告らと共謀して証明書を偽造し、郵便局に提出。また、18年11月~19年3月、大手家電量販会社「ベスト電器」などのDMに、割引郵便制度の適用を受けない刊行物を同封して発送し、正規料金との差額約3億7700万円を免れたとして起訴されていた。

 しかし、倉沢被告は公判で、「証明書は村木被告から受け取った」と証言したものの、証明書そのものは「合法的だと思っていた」と主張していた。

【関連記事】
郵便不正公判 団体発起人に懲役1年6月求刑
村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」 郵便不正公判
村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判
郵便不正「凛の会」発起人 偽証明書提出認める初公判
郵便不正公判 障害者団体発起人、偽証明書提出認める
「裸の王様」次に座るのは…

仕事かぶる?3独法 仕分けられるか「消費者行政」(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)
将棋 鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
「対象限定を」「すべてで」ライター規制で火花(読売新聞)
スポンサーサイト

高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は22日夜、鹿児島市で開かれた党鹿児島県連の集会で、高速道路新料金制度の見直しを政府側に求めたことについて「私どもは高速道路を無料にしようというところから始めた。結果として無料化どころか値上げになっており、(国民に)説明がつかない」と述べ、再検討は当然との認識を示した。
 政策決定の「内閣一元化」に反するとの批判に対しては「国民の皆さんの声をよく聞いて、政府に要望するのがわれわれの役割だ。私がみんなを代表して発言したことは間違いない」と強調した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
<自民党>「国民安心税」公約 消費税率上げ医療などに(毎日新聞)
苦手分野に重点=実用問題も多数-学力テストが終了・文科省(時事通信)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)

 ストーカーなど男女間のトラブルが殺人事件に発展するケースが相次いだことを受け、警察庁は被害者の身に危機が迫っている場合には被害届が提出されなくても、加害者を障害や暴行の容疑で逮捕するなど、積極的な捜査を行うことを盛り込んだ指針をまとめ、週明けに全国の警察本部に通達する。

 指針は、宮城県石巻市で今年2月、少女(18)が以前交際していた少年らに連れ去られ、少女の姉と友人の女性2人が殺害された事件や、3月に茨城県神栖市で、主婦(36)が、トラック運転手の元夫(40)に殺害された事件など、男女関係のもつれが悪質なつきまといに発展し、警察が相談を受けていながら犯行を未然に阻止することができなかったケースの再発防止策として、警察庁が検討を進めていた。

 石巻市の事件では、加害者の暴力被害について少女が再三、警察に相談していたが、被害届の提出はためらい、提出を決めた翌日に事件が起きていた。

 指針によると、ストーカーや配偶者間暴力(DV)で、被害者がけがを負わされていたり、身に危機が及んでいることが明らかで、殺害などの重大事件に発展しかねない場合には、被害届を受けなくとも、傷害や暴行などの容疑で加害者の逮捕を検討。一方で、加害者に対しても、言い分を聞きながら、加害行為を自覚させてエスカレートしないようにするなど踏み込んだ措置を求めている。

 また、届け出をためらう被害者が少なくないことから、被害者に対し、事態を放置すれば重大事件に発展する可能性を理解してもらい、一時避難する措置を積極的に講ずることも挙げている。

 傷害や暴行などは親告罪ではないため、被害届がなくとも立件できるが、実際の捜査では、被害者の処罰意志の有無が公判の結果を左右することから、検察庁との連携上、被害届を受けることが通例となっている。

【関連記事】
63歳女がストーカー容疑
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
DVの警察認知数、2.8万件で過去最多 殺人や未遂も44件
最もセクシーなキャスターに涙 ストーカー犯の判決受け
因縁つけタイヤパンクさせる 川越・鶴ケ島で連続6件

藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)
自民・小池参院議員が離党へ(時事通信)
<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)

中国潜水艦 2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は13日午前の閣議後会見で、中国の潜水艦2隻が10日、浮上した状態で7、8隻の艦船とともに沖縄本島と宮古島の間の公海を南下したと発表した。北沢防衛相は「いままでになかった事態。詳細な分析をし、我が国に対する意図があるのかないのかを含めてよく調べて対応を検討したい」と述べた。

 防衛省によると、これらの艦船は4月7~9日、東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行を行うなどの訓練を実施したという。10日午後8時ごろ、海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」「すずなみ」が、沖縄本島の西南西約140キロの南西諸島付近を東シナ海から太平洋に向けて進む艦船を確認。中国海軍のミサイル駆逐艦2隻や潜水艦2隻など計10隻だったという。11日に沖縄南方海域で洋上補給を行ったことも確認したという。【樋岡徹也、仙石恭】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
米大統領:人民元切り上げを胡主席に要請
<特集>鳩山政権の通信簿 外交

中国死刑執行見通しで首相「残念だがいかんともしがたい」 法相は刑事手続きに疑問(産経新聞)
救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)
車いすのジャズピアニスト、演奏再開「今度は誰かを救いたい」(産経新聞)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
石原知事、平沼新党から参院選出馬構想…幻に(読売新聞)

川崎でマンション火災 1人死亡、2人重体(産経新聞)

 8日午後1時10分ごろ、川崎市中原区宮内の5階建てマンション「シャンティ等々力」102号室の折原正義さん(72)方から出火、同室約72平方メートルが全焼した。神奈川県警中原署などによると、折原さんの妻、つるさん(62)と孫で3歳の双子の男児の計3人が病院に運ばれたが、男児1人が間もなく死亡し、2人が意識不明の重体。中原署などが出火原因を調べている。

 同署や消防によると、折原さん方は6人暮らし。出火時は折原さんと息子夫婦3人は外出していたという。マンションの向かいに住む女性が火事に気づいて119番通報した。

【関連記事】
重体の父親が死亡 川崎のマンション火災
寺で火災、男女意識不明 福井市
伊勢崎市で民家全焼4人死亡 2人に撃たれた跡
宮城・名取市アパート火災 重体の2歳長男も死亡
「ライターで火を付けたら引火」 東京・荒川の6人死傷火災

沖縄で外国人がタクシー強盗(産経新聞)
山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜打ち上げ-ケネディ宇宙センター(時事通信)
ラグビー元日本代表、鎌倉駅で転落死(読売新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
<米大使公邸>米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)

普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、3月中に決めるとしてきた移設先の政府案に関し、「1日、2日、数日ずれることが何も大きな話ではなく、大事なことは5月にしっかりとした案を(沖縄や米国に)理解してもらうことだ」と述べ、4月にずれ込むとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。3月中の政府案決定を実現できなくなったため、正当化を図った形だ。

 首相は今月4日、「当然、3月中には政府の考え方をまとめなければいけない」と記者団に語り、自ら政府案を一本化する期限を設定していた。しかし、29日に「今月中じゃなきゃならないと、法的に決まっているわけじゃない」と前言を翻した。ところが、この発言の評判が悪かったので、苦しい“言い訳”をせざるを得なくなった。

 一方、平野博文官房長官は30日の記者会見で「5月末までに政府決定ができるかが本質論であり、ぶれているわけではない」と、首相を擁護した。その上で、米国のゲーツ国防長官やクリントン国務長官と会談した岡田克也外相の報告を待って判断するとの見通しを示した。

東方神起が活動休止(時事通信)
「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
東北新幹線、ドアトラブルで運休 400人に影響(産経新聞)
やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)
薬のネット販売禁止、無効請求を却下…東京地裁(読売新聞)

サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

 東京都心は27日、サクラが開花して最初の週末を迎えた。3月上旬並みのやや肌寒い休日となったが、青空の下、サクラの名所は花見客でにぎわった。

 江戸時代の名園として、美しいシダレザクラで知られる東京都文京区の六義(りくぎ)園には、午前9時の開園から大勢の家族連れが訪れた。思い思いに散策し、枝いっぱいに薄紅色の花を付けたシダレザクラや、ほころび始めたばかりのソメイヨシノを楽しんでいた。4月4日まで、日没以降はライトアップする。【合田月美】

【関連ニュース】
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
春は舎人公園から:足立区移動支局 空から花見、夜は花火 きょうからまつり /東京
花案内人:花見山で始動 市民ボランティア121人 /福島
花見ぼんぼり:夜桜、楽しんで 「桜まつり」ひかえ設置--彦根 /滋賀
桜の駅まつり:満開の下でライブ MR浦ノ崎駅で28日 /佐賀

事業仕分け補佐役、民主1年生議員から公募(読売新聞)
<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
職員の子どもが職場見学=内閣府(時事通信)
特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)
北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。